【男性子宝サポート】 OGハーブ 300粒 <牡蠣+高麗人参エキス>

【男性子宝サポート】 OGハーブ 300粒 <牡蠣+高麗人参エキス>

不妊症の原因について

妊娠をするためには精巣で精子が、卵巣で卵子が異常なく作り出され正常に受精する力を有している必要があります。また、精子と卵子が合体するために通る通路(女性の内性器である子宮や卵管)がきちんと機能しており、通過できる環境が整っていることが条件となります。

したがってこれら妊娠に必要な要素のひとつでもなんらかの異常が見られると不妊症になると言えます。具体的に、不妊症の原因には男性が原因、女性が原因とそれぞれがあり、あるいは両方に原因がある場合もあります。

男性が原因の不妊症。

健康体の男性が1回で射出する精液の量は平均で3mlであり、1mlのなかに含まれている精子の数は6千万〜1億2千万にも及びます。このなかの8割以上の精子は運動しています。男性の場合、多くは精子になんらかの問題を含んでいることが主になります。

精子減少症による不妊症。

精液の射出量が0.5ml以下の場合や1mlに含まれている精子の量が4千万以下の場合を精子減少症と呼びます。一般的に妊娠させることが困難と言えます。

無精子症による不妊症。

精子の中に全然精子が含まれていない事を無精子症といいます。精子がないため妊娠させることができません。

精子無力症による不妊症。

精子が全く運動しない、もしくは殆ど動くことがない状態を静止無力
症と呼びます。

これらの症状の要因について。

精子減少症および無精子症は男性性器の病気あるいは高熱が継続する病気にかかっているときに起きる場合が多いです。精子無力症については、心身における疲労やビタミンといった栄養素の不足、または肝機能に異常が見られるなどが原因となる場合が多いです。

不妊症の原因にはさまざまなものがあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。